根太床工法【ねだゆかこうほう】



根太床工法とは、コンクリートスラブの上に根太とよばれる角材を渡し、その上に床材を張る工法です。
直床工法に比べると軽量衝撃音に対しては多少の遮音性があります。根太の代わりに、防振ゴムの付いた支持ボルトで支える「置き床工法」や、断熱材を敷いた上にモルタルを打って床材を乗せる「浮き床工法」では、より遮音性が高くなります。
なお、根太床工法は地震によって歪みが生じやすいという指摘もあり、構造用合板を用いた根太レス工法(剛床工法)などもあります。

◆「ね」からはじまる不動産用語辞典.comオススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト