熱貫流率【ねつかんりゅうりつ】



熱貫流率とは、建物の壁や窓ガラスなどにおける、熱の伝わりやすさを表す数値のことです。
壁の両側(室内と外部)の空気温度に1度の差があるときに、1時間あたりに壁1平方メートルを通り抜ける熱量のことをいいます。K値とも呼ばれます。この値が小さいほど、熱が伝わりにくくなります。つまり、壁やガラス、天井など、建物の各部位ごとの断熱性能を、数値で表したものということができます。


◆SPONSOR LINK◆

  • 福岡 一戸建て
  • 大阪 デザイナー
  • 住宅 名古屋
  • 注文住宅 相模原市
  • 牛久 注文住宅
  • 逗子 注文住宅
  • 日本ビルダー支援機構
  • 長岡 古民家
  • SUB MENU

    おすすめサイト